結婚のタイミングは人それぞれ違う

結婚はお互いのタイミングが合わないと出来ません。
例え好き同士の二人でも別れを選ぶ場合もあるからです。
男性の場合は仕事が一段落してからと考える人も多いと思います。
女性側が結婚したくても男性側が煮え切らないというパターンもよく聞かれます。
また結婚しようと思っていたのに、どちらかの親族に不幸があった場合も延期になる可能性があります。
様々な要因がうまくまとまっている時期こそ結婚のタイミングなのかもしれません。
近年は赤ちゃんが出来た授かり婚が1/3以上を占めるようになり珍しい事ではなくなりました。
子供が出来たから意思を固められたという意見もあるほどです。
長く二人で生きていく事になる訳ですから良いタイミングを見極めてみるのもいかかでしょうか。

結婚に関するメッセージについて

結婚するカップルに対して、披露宴に呼ばれていないけれども祝福の気持ちを伝えたい場合や、会社の人や友人で集まって寄せ書きを書く場合など、その人に向かって祝福のメッセージを書くことがあります。
その際、気を付けなければならないことがあります。
メッセージのときに使用する言葉としては、離れる、切れる、終わる、分かれる、壊れる、散る、去るのような縁起の悪い言葉は使ってはいけません。
そのほか、重ね重ね、再び、繰り返すなどといった二度以上あるということ連想させる言葉も使ってはなりません。
さらには、文例にあるような言葉のみでは温かみを感じませんのでその人とのエピソードを差支えない範囲内で書くなど、工夫が必要です。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.