結婚に焦る必要はありません

同級生や友達から次々と結婚や出産の報告が入ると女性の場合は焦る人も多いと思います。
特に30歳を前に結婚したいと考える女性は多い為、どうしてもラッシュとなってしまします。
焦っているとは思われたくないけど、本心は焦ってしまう。
そんな心境でしょうか。
親や親戚から結婚はまだなのかと聞かれる人もいるはずです。
結婚している人の方が幸せだという訳ではありませんが、人生のステップを進む友人と同じ場所に留まる自分を比較してしまい、新しいステップに進む人を羨ましく感じてしまうのです。
隣の芝は青いという言葉があるように相手の人生の方が華やかで幸せに見えるものなのです。
人生は長く、人それぞれタイミングや縁があります。
良い波が来た時に縁を掴む事が出来るように毎日努力して生活し続ける事が大切です。

結婚の挨拶で気を付けること

結婚が決まったら双方の親に挨拶をし、結婚の了承を得ることが必要です。
一般的に女性の親から先に行きますが、現在では決まりではありません。
挨拶に行く際は服装にも気を配ります。
男性はスーツやジャケット、女性はワンピースやツーピースなど、華美でなく上品な服装を心がけます。
また、靴も磨いておきます。
相手の家に着いたら、手土産を持参したほうがよいです。
あらかじめ相手の親御さんについて調べておき、話が途切れることのないほうが望ましいです。
靴をそろえる、上着は手に持つなどのマナーも必要です。
なお、相手を呼ぶ場合でも普段呼んでいる呼び捨てやニックネームは避け、名前にさんをつけて呼ぶのがよいと考えられます。
また、冗談であっても相手を貶める発言はするべきではないです。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.